転職をする決定的な理由。


今日、上司に退職希望を伝えました。はじめは、退職理由は他にやりたいことがあることだけ伝えるつもりでした。しかし、色々と聞かれ人間関係で自分の居場所がないことを伝えました。誰が悪いとかではないので(その場の雰囲気・・・人の輪に入れなかっただけなので)説明がうまくいかなかったかもしれません。

もう、済んだことで思ったことを言えたので良しとします。(思ったことを言ってしまうのは、社会人としてはどうかとは思いますが、私はそういった駆け引きは苦手というかできないので・・・)器用な夫には人付き合いをはじめすべてが不器用な私に対していつも「不憫だ・・・(笑)」と同情されます・・・(苦笑)

今回、転職をしようと思った決定的な理由は、歯が欠けたからです。自分では前向きに考えて頑張ろうと思っていたのですが、2年前につけた奥歯が取れてしまいました。年末から耳が痛かったりして口腔外科や耳鼻科や歯科ににかかりました。元々、顎関節症があり寝ているときに歯ぎしりをしてるようなのですが、ストレスで更に悪化したと思っています。(自己診断。)

特に歯が欠けてから更にかけた方の頭部が歯ぎしりの負担が大きくなったのか痛くなりました。。歯に治療が終わったら、予防にマウスピースを作る予定です。

ストレスが体に影響が出るようになり、これは限界なのかなと思いました。なかなか行動しない私に前に進む必要があると訴えたのかなーとも思います。

今日、退職のことを伝え一つクリアーできたのでこれからも退職の時のあいさつや(とても苦手なイベントの一つですがこの年になると少しは慣れてきた・・・)などありますが、一つ一つやるべきことをしていきながら乗り越えていこうと思います。



ご訪問、ありがとうございます。


にほんブログ村

転職します

前回ブログを更新した日に週末みた求人広告で気になったところに連絡しました。今までだったら、職場も落ち着いてきたし転職するのもパワーがいるからこのままでいいかなぁと思っていたと思います。

しかし、ブログでも書いていましたが前向きに生きると決めたので思ったことはとりあえずやってみようと思い電話をかけてみました。その時、留守電だったのでやっぱり(転職するのは)次でいいかなと少し後ろむきになっていました。

しばらくして電話があり、履歴をみた連絡先からでした。仕事の内容について伺ったのですが、後日、詳しく話を聞きに行くこととなりついでに面接も行うこととなりました。説明を聞いて良かったらまた面接というのも二度手間だと思ったので一緒にやってしまおうと思いました。

面接は今日の2時半からでした。面接に行く前には「やっぱり今のままでいいかな。」「時間とか条件とかだって今以上の所はないかも」とまたネガティブな気持ちになっていました。

しかし、面接で話がトントンと進み気がつくと働くことになっていました。(もちろん自分で決めましたが・・・)時給は下がりますが、もともとやりたいと思っていた内容で勤務時間や休日も希望通りにできるという事で決めました。勤務態度で昇給もあるので今の職場の時給まで上がる可能性もあります。

ただ、小心者の私は週明けに今の職場の上司に辞めることを伝えるのがとてもドキドキします。転職日は今の職場と相談します。自分でも急なので驚いています。今まで探してもなかなか条件が合わず今の職場にしたのですが・・・

怖いくらい話がどんどん進んでしまいましたがそれも縁だなと感じました。今まで何度か就職活動しましたが決まらないときは決まらなかったので・・・

新しいことをするのは勇気やパワーがいりますが良い経験になるので頑張っていきたいと思います。




ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村

前向きに行動する

ここしばらくは、ブログを休んでいましたが今日書くことが出来ました。

3月前半は気持ちが落ち込み過ぎていてとても辛かったので・・・

今は、だいぶ落ち着きました。一つは、職場で人事異動があり苦手な人と距離を置くことが出来たからです。あと一つは、この辛かった時期に色々考え、前向きに生きたいと心から思ったからです。

今までほとんど自分から積極的に行動する事なく受け身で生きてきましたが、少しずつでも行動できるようにしていきたいと思います。具体的には、自分から誰にでも挨拶するようにしています。当たり前のことだったけれど、今まで出来ていなかった・・・ 

あとは、かっこ悪くても自分をわかってもらう努力をするです。この年になるとできない事は恥ずかしくて言えなかったり消極的になったりして行動できないことがありました。

しかし、自分のことを不器用でもアピールして理解してもらい関われるよう努力していきたいです。少しずつ、少しずつでもいいので前向きに変わっていきたいです。



ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村

思考の癖


今日も仕事を無事終えることが出来ました。泣いて帰ることはなかったです(苦笑)

私は子どもの頃から内気で暇なときは家でテレビをみて過ごしていることが多く、家のことは親がほとんどやってくれていました。性格的にも依存的で行動力が無かったので人と関わることも苦手で運動神経もなく外の遊びも苦手でこれといって得意なことありませんでした。

なので、いつも周りが楽しそうにやっているのを傍らで見てうらやましそうにと思っていることが多かったと思います。その為か人の欠点を探して自分と比較して安心したり、いつも周りを否定的にみて自分を肯定していたと思います。コミュニュケーション能力が低く人との距離がつかめず人から人から否定的なことをいわれることが多かったです。(今思うと自分が気に入らないことをはっきり言ってしまったり周りの空気が読めていなかったと思います。)どんどん自分が陰湿な性格になっていったと思います。

最近、自分の気持ちや思考をこうやってブログなどで振り返るようになって常に相手を否定的にみていて恥ずかしい話ですが文句や人を悪く言うことも多い自分に気付きました。常に普段自分がうまくいかないことばかりをみて落ち込んでますが自分の行動にも問題があると思います。

人を褒めることよりも褒められることを期待し何かするよりもしてもらうことを期待していました。いつもうまくいかない自分についての原因について考えるようになり、最近、鏡の法則について知りました。前から言葉は知っており、自分のやったことが返ってくるという事は知っていました。

しかし、何気なく思ったことも自分に帰ってくることを知り、自分の思考について意識すると常にマイナスな思考が癖になっている自分に気付きました。私は仕事の覚えが悪く人より仕事を覚えるのが時間がかかります。つまり、仕事はできる方ではないと思います。

新人の時はコミュニュケーション能力が低く仕事も出来なかったので先輩からの風当たりも強くとても辛い経験をしています。本来、辛い経験をしたら他の人にはそうさせないようにしようと思えばよかったのですが、私の場合「目には目を」「歯には歯を」的な考えで人にも厳しく接してしまう傾向にあります。

ここ数日、自分の思考に意識をしてみると他人に厳しい自分には常にいると感じました。それでは、自分の思考が返っってくるとしたら他の人からも常に厳しく接しられる辛いものになるなと感じました。なので最近は、他の人より自分のことに集中し他人を責めたりマイナスなことに意識が行きそうになる時はプラスに見るように心がけています。ブラスの思考を心がけて前向きに進めたら良いなと思っています。


ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村

与えること

今日は泣くこともなく落ち着いて仕事を終えることができました。一つは周りに気になることがなかったからです。もう一つは先日夫に今の状況を伝えたら仕事を辞めてもいいと言ってもらえたからです。

今の職場は、給料も勤務時間などの条件が良いのでできれば続けていきたいのですが・・・いざとなったら辞められると思うと気が楽になりました。

ホント、周囲に影響されやすく精神的に不安定なのでもっと精神的に強くなれれば楽なのと思います。これも私なので仕方ないのですが・・・こういった自分的には辛いと思うことがある状況ですが、そのことを理解してくれている夫がいたり仕事があったりすることなど感謝の気持ちも忘れないようにしていきたいと思っています。

夫にはよく私は人に期待するから落ち込んだりするんだよと言われます。また、与えないともらえないよとも言われました。夫は家庭環境が複雑で幼少時は裕福だったのですが高校生の頃には親がかなりの借金があり周囲に頼ることが出来ず自分の力ではどうにもならない状況を経験しています。なので早く自立して生活したいと思っていたそうで、何かあっても自分でなんとかしてきていました。

私は確かにいつも自分から行動を起こすよりも他人から声をかけてもらうなど他の人に何かしてもらうのを期待してばかりいるのだと思います。少しずつでも自分から与えることが出来たら少しは前向きになり自分に自信を持てるのかなと思います。

最近は人に与えることを意識し子どものお友達にバレンタインデーのお菓子を配ったりお世話になっている叔母のお見舞いに行ったり・・・

やっていて気付いたのは何かを人にすることは「喜んでくれるかな?」とか「こんなことをするといいかな?」と考えてすることは意外に楽しいことでした。自己満足でも良いのでこれからも自分が無理しないでできる範囲でできることを探して周りの人が喜んでもらえることをしていきたいです。


ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村