今あることを前向きにとらえる



昨日、車で出掛けたのですが20分くらい経過したときに忘れ物に気が付きました。取りに戻ろうと決め戻りました。取りに戻る途中、山の紅葉がきれいでそれを見るために忘れ物をしたのかなと前向きに考えることができました。

今までだと自分の予定通りにならなかったことに対してイライラしていたと思います。それは赤信号になったりレジが混んでたりと日常にあり得ることに対してもです。なので常にイライラして常に気持ちは怒りに満ちていました。最近では自分を大切にするよう心掛けるようになり自分の気持ちの中にも変化してきました。

今あることはみんな意味があると思うようになり、自分の身の回りに起こることを前向きにとらえられるようになりました。多分、自分に対して自分を肯定的にとらえられるようになったからだと思います。これからも自分の気持ちを聞きながら行動して瞑想・ウォーキングを続けて自分を大切にしていくことを続けていきたいです。


また、自分とともに夫も・・・大切にしていきたいです。夫は今年になり3回目の転職をしました。前職は上司と合わなかったのですがずっと頑張ってきました。最後の方は安定剤などの薬の量が増えながらも耐えていました。

しかし、会社の業績も落ちてきてモチベーションが下がり転職をしました。前の役職と同じで会社の規模は大きくなっているので待遇は良くなっています。今は安定剤などの薬もほとんど飲まなくなりました。

よっぽど前の職場はストレスだったのとそれでも頑張ってくれていたんだなと改めて思いました。感謝です。今の職場では上司や同僚の人に恵まれ楽しそうにしてるので一安心です。といっても仕事内容は大変そうですが・・・

しかし、今までの無理がたたったのか眼底出血や歯の治療が必要となってきました。歯の治療は実費でないと治せない状態で100万以上とかなり大事ですが、これも意味があるととらえて・・・

夫も人生の折り返し地点なので、この際体のメンテナンスをしっかりして後半の人生も出世してもらいしっかり稼いでもらおうと思っています。(笑)







にほんブログ村

自分におもてなし

パートの仕事はお昼過ぎに終わり、昼食は家に帰ってとります。いつも納豆に味噌汁にご飯などあるもので適当に済ませます。

先週の金曜日は、スーパーに寄って買い物をしました。この日は子ども達は実家で夕食を食べる予定だったので、夫と私の夕食はお寿司を買うことにしました。

いつもだったら夫には握りで自分にはワンランク下の巻きずしなどを選ん出ました。どこかで夫は稼いでるから特別という思いと私には贅沢と思っている自分がいました。

以前はフルタイムで稼いでいたのに比べ自分の収入が減ったのと夫が3回転職しており不安定な時もあったので、常に自分は後回しにして節約する癖がついてしまってるようです。

夫は家計については何も言いませんが・・・しかし、最近自分を大切にすると決めたので自分の分も同じものを選びプラス食べたいお菓子を買いました。(笑)

帰ってから買ったお寿司を私の分は夕食でなく昼食に食べました。加え買ったお菓子も食べとても満足でした。



___20161127224212030.jpg


子どもや夫を優先し何かと自分が我慢して後回しにしてしまうことが多かったのですが、これからは自分も大切にしてもてなす事を心がけていきたいと思います。





にほんブログ村

親としてうれしかったこと


私は子どもの頃、勉強は良くも悪くもなく普通でしたが、運動オンチで特に特技もなく内気でした。(内気なのは今もですが・・・)

それに加え、過保護に育ったので人に依存的であったので後ろむきで不平不満を抱きやすい性格でした。(今も基本はそうですが自覚している分前向きと思います 笑)

なので、人徳はなくどちらかといえばみんなに嫌われていると自覚を持っていた寂しい子ども時代でした。

自分の子どもには同じ思いをさせないように運動については小さいときにはスイミングや空手を習わせました。

性格はやりようがないですが、子どもが小学校に上がるまで私はフルタイムの共働きであったので二人とも8カ月ごろから保育園と両親にみてもらったので幸い?前向きで優しい性格に育ちました。(母親目線ですが・・・)

楽天的な夫は「素直で二人ともいい子じゃないか。何の不安もないよ。」と子ども達のことを普段言っています。しかし、出来ないことが多かった私は自分の子どもの期待も大きくなり子どもには厳しく接していると思います。

昨日長男が帰って来て「ちょっと自転車で友達の家に荷物をとどけていい?」と聞いてきました。話を聞くとお友達が具合が悪くなったが両親が共働きで迎えに来られず荷物を一緒に持って帰ってきたとのこと。

途中別れお友達はそのまま家に帰り、息子はお友達の荷物を待って帰って来て自転車でもってi行ってあげたいという事でした。すぐに届けに行きしばらくして息子が帰ってきました。話を聞くと家に荷物を届けた時にゴミ箱に吐いてしまい介抱していたそうです。

一人にでいるのが心配だった息子はすぐ連絡できるように電話番号を教えてきたそうです。

加え「ちゃんと吐いたものには触らなかったよ。テレビで見たことがあるから・・・」と話しちゃんと感染のことも意識していたようです。(嘔吐物にさわってもすぐ手洗いすればいいのですが・・・)

その一連の息子の行動を聞いて、普段はほわっとして色々と世話を焼いてしまうことが多い息子がなんだかすごいなと素直に誇らしげに思いました。

普段勉強や言われたことがちゃんとできているかと心配して息子に厳しく接してますが、人として大切なことをちゃんと知っているなと思い親としてうれしく感じました。

これからはもっと息子を信じ何があっても彼なら大丈夫と信じてあげたいと思った出来事でした。










にほんブログ村

辛い経験から学ぶ



ここ数日、職場でもプライベートでも人間関係で落ち込むこともなく問題なく過ごせていました。寒さの為、ウォーキングは毎日行けなくなりましたが・・・

しかし、昨日職場で落ち込むことがありました。相変わらず直接嫌なことを言われたわけでなく、自分の期待通りの反応ではなく落ち込むという自己中心的のものです。

嫌な感情といううのは本当に苦しいものです。でもこういう時こそ、寝てみたり励ましてくれそうなブログを読んでみたり、集中できないままでも瞑想をしてみたり・・・今の苦しい状態から脱しようともがいたりします。

私の場合、順調な時やうまくいっていると思っているときは、辛いときに比べると少し調子に乗ってしまうというか感謝の気持ちが薄れてしまっていると感じます。(一般的にもそうなのかもしれませんが・・・)

私は人一倍落ち込みやすいと思いますが、反面うまくいっていると傲慢になる自分もいます。

なので、落ち込むような出来事は、自分の成長にとってはとても大切なことと感じます。私にとって良い出来事よりも辛い経験が成長させてくれていると思います。

今回も以前より楽に過ごせるようになった分、毎日を流れ作業的にしてきていたなと感じました。特に仕事などは、慣れるまであんなに不安であったのに慣れてしまい今の一瞬一瞬を一生懸命出来ていなかったと思います。

毎日同じような出来事が起きてるようで二度と同じ時間は来ないので一瞬一瞬を大切にしていきたいと今回改めて思いました。






にほんブログ村

昔の私に思う事



私は高校を卒業して実家を離れしばらく叔母の家で居候したり、学校の寮に入った後一人暮らしをしていました。22歳で就職しました。人とのコミュニュケ-ションも苦手で仕事の覚えも悪く、人との関わった経験が少ない分自分では自覚はなかったのですがKY(空気読めない)だった私なので新人時代はとても辛かったです。

先輩にきつく叱られ、勉強しても覚えが悪く失敗が続き・・・日々職場の人との人間関係は悪くなる一方で・・・こういったことはこの頃に始まったことではなく、昔から似たようなことはありました。

友達を作ることが苦手でサークルで他の同級生は一緒に行動する女友達がいて男の先輩にも可愛がられて(男性が多いサークルでした)恋の話もちらほらあり・・・

私はそんな同級生をうらやましいなと思いながら自分を取り繕いなんとかサークルに参加してました。今思うと嫌だったら参加しなければと思いますが、その時はサークルに入れば楽しいことがあるはずと思っていたし、何かに参加?、所属していないと世の中から取り残されそうな気がしてました。

なのでサークルも辛かったけど参加したし(最後の一年はほとんど行きませんでしたが)就職してご飯がのどに通らなくなっても這ってでも仕事には行っていました。

今でこそ転職したり嫌なことから距離をおいたりできるようになりました。私の子どもの頃は、学校も具合が悪くても行くのが当たり前だったので30代位まで逃げるのは良くないことと思っていました。

自分のやりたいことより言われたことだけをやってきた環境だったので柔軟に物事を考えることができなかったと思います。こんな状況であったので、30代頃までひとことで気持ちをいうといつも「死にたい」と思っていました。

正確にいうと本当に死にたくはないけど死にたいほど辛いと思っていました。辛いことがある度になんでこうなんだろうと悩み考えて来ました。

何とか今までこれたのは自分なりに頑張ってるのにという思いがあったからだと思います。今思うと努力の方向が違っていたんだと思います。

ぼっちのわたしにとってブログで悩んでる人や前向きな人の本音が知ることできとても心の支えになりました。ブログや引き寄せを参考にしながら自分でいいなと思ったことは行動するようにしてます。

気が付くと最近では死にたいほど辛いと思うことが無くなりました。

中学生の長男の学校の行事に行ったときに気になる女の子がいます。昔の私と同じような悩みを持っていそう雰囲気を感じます。(なんとなく似たもの同士の勘でしょうか・・・)合唱祭の時も一言も歌っていませんでした。子どもに「どうして歌わなかったの?」って聞いたら「歌ってっていったけど恥ずかしいんだって・・・」と言ってました。

その子と中学生時代の自分を重ね合わせ、心の中でその女の子になんとか乗り切ってほしいなと思いました。(余計なお世話かもしれませんが・・・)

今では逃げるというよりはいくつもの選択肢を考えて選んで自分がいいなと思う事を選んでいけばよいと思っています。でもそういう風に柔軟に考えられるようになったのもつい最近の40代になってからです。

義理の親のことをはじめまだ辛いなと思うこともありますが、前よりは幸せだなとしみじみ思うことが増えました。最近でいうと「並木道の紅葉がきれいだな~」とか「食べたいものが食べられた時に「幸せ~。」といった些細なことですが・・・

悩んできた時間が長いと同じくらい解決するのに時間がかかると思います。悩みを重ねてきたようにそれをプラスに持っていくのも薄皮をはがすように少しずつ良くなってくるのだと思います。これからもうまくいかないなと思うことがあってもどんどん良くなっていると信じていきます。(笑)








にほんブログ村

義理親について心の在り方

数日前に夫の親から連絡がありました。結婚してから色々あり夫の親とは私はほとんど会っていません。夫と子どもは定期的に会いに行っています。

義理親は、私の中の常識とはかけ離れており関わると辛くなるので距離を取っています。しかし、近く義理親の入院予定となり夫の代わりに送迎や身の回りの世話をすることとなりました。

義理親はなんとか歩ける程度なので入院時には付き添いが必要となります。はっきり言って気持ちが重く憂鬱です。

ここ数日、夫の親の存在について色々と考えました。以前紹介した引き寄せの本で引き寄せは否定しない方がうまくいくというのがあります。

今までは夫の親だから必要な時は親の為に頑張ってみようと思っていましたが、そう考えると心が苦しくなります。

嫌なものは嫌なんだなと思いました。夫の親の世話は嫌だと思っている自分がいる。けど夫の為イコール自分の為にやろうと思うことにしました。

あと、引き寄せの本の言葉を参考にして「何が起きてもすべてはうまくいく。」と心の中でつぶやくようにしました。

引き寄せを意識するようになり、今までももしかしたら引き寄せてたかもしれないけど物がしていたかもしれないことに気が付くようになったと思います。

例えば、洗面台に時計が欲しいなと思っていたら自分のイメージとは違うデザインだけどお土産で時計をもらったり、いいなと思っていた曲が美容院で流れたり・・・

今までだったら、「自分の趣味じゃない時計をくれても・・・」と怒っていたと思うし、好きな曲が流れていても感動しなかったと思います。.小さなことに気が付きその幸せに感謝することで幸せが増えると感じます。

小さな幸せに気が付くようになった分「なんかうまくいくかも。」と困った時も思えそうな気がします。義理親のことも嫌な気持ちを受け止めながらも「すべてうまくいく。」とつぶやいて乗り越えるというよりは歩んでいこうと思います。















にほんブログ村

日中のウォーキング   最近の変化


今日、午後になって近くの山に登ろうと思い3時ごろ出かけました。徒歩10分くらいで山道に着きます。

途中までいつものウォーキングコースだったのですが、なんだかとても違和感が・・・いつもは早朝か夜間なのでほとんど人に会わないのですが、日中だと近所の人に会ったりもするのでなんとなく落ち着かず・・・

山の中に入ってもなんか一人だと寂しい気分になり途中で引き返して帰って来てしまいました。(苦笑)

結果、30分くらいのウォーキングとなってしまいました。予定通りには行きませんでしたが、行きたいって思って行動に移せたのと、この時間に出歩くのは向いてないな~という事と一人での山道は寂しい事がわかりました(笑)。

__.jpg



先日、次男の学校行事で学校に行きました。次男の保護者の中に今度ランチを一緒にするママさんがいて他のママさんたちとも少しは話せるので(やっと6年目にして・・・)なんとか切り抜けて来れました

あと、いつもより落ち着いてられたのはプライべートで会う予定のママさんがいることもあると思います。来月、ママ友ランチの予定ですが今から楽しみです。

4カ月前くらい前に比べて生活がかなり良い方向に変化してきていると思います。転職して以前より自分に合った仕事内容でプライべートで余裕が持てるようになり、ウォーキングを始めるようになりました。

また、以前よりブログも更新できるようになりました。ブログのテーマである自分にやさしい生活について日々意識するようになりました。

そのことが、自分を良くしようという事につながってると感じています。また、読んでの通りつたない文章ですが読んでくださる方もおり励みになっています。ありがとうございます。

手探りですが、これからも自分にとって優しい生活を探し、自分が良い方向に変わることで周りも幸せになっていければと思っています。(自分が幸せだと人も幸せにできると思ってるので・・・)




にほんブログ村

雨の日のウォーキング


今朝は大雨でしたが、朝のウォーキング行ってきました。

以前登山用に買ったカッパ上下と長靴を履いて手袋をして完全防備で行ってきました。

今まで雨だから行けないやと決めてましたが、別に雨でも行きたければ行けばいいと思い歩いてきました。

普段はほとんどが車での移動なので特に雨の日は歩くことがないので雨の日のウォーキングは楽しかったです。

子どもの頃、雨の日に学校から帰りに雨にうたれる風景を見で心癒されたのを思い出しました。子ども時代もほとんどぼっちだったので・・・(笑)

私の中でこうでなければならないといった色々な壁が自分の中に築かれています。自分の中の壁を崩すことで自分の世界が広がっていきます。

一つ一つ日々壁をみつけて崩して自分の世界を広げて自由に楽しく生活していきたいです。






にほんブログ村

引き寄せの本を読んで心がけている事


日に日に寒くなって来ました。今朝は寒いのもあり朝のウォーキングはお休みしました。その代り、夕方の6時過ぎに歩いてきました。夕方といっても暗かったですが・・・月がきれいでした。

引き寄せの本を読んで心がけるようになったことがいくつかあります。その本は、『ネガティブでも叶うすごい「お願い」 著者MACOさん 』 です。

思考が現実を作るという事なので自分に意識的につぶやく言葉を心がけています。

心がけていることの一つは、朝起きた時には「今日は最高の一日になる。」寝る時には「今日は最高の一日だった。」と宣言しています。(笑)

夫の親のことや色々ネガティブな思考になることは多いですが、始まりと終わりが良ければすべて良しとしてます。

気が付けば本当に毎日が最高になっていたら素敵です。

これから寝る支度をして瞑想して「今日は最高の一日だった。」と感謝して寝ることとします。(笑)






にほんブログ村

自分を大切にするために気をつけている事

自分を大切にするために気を付けていることは自分が居心地が悪いと思うことはなるべく避けることです。

もちろん社会人なので職場や家庭生活で支障がない範囲でですが・・・今まではこうしなければならない病?で固定観念がとても多かったと思います。

職場ではみんなと仲良くした方が良いとか長女だからしっかりしなければならないとか、長男の嫁だから義理親の面倒をちゃんと見なければならないとか・・・

今は違います。職場ではもちろん挨拶や仕事の上での必要なコミュニケーションはとりますが気が合わない人とは距離を置くようにしています。

また、妹が、一時期妹の態度がなんとなく気に障り嫌と思う時期がありました。以前は直接意見(文句になってたかも)を言ったりもしましたが解決することはありませんでした。

姉妹だって嫌なら無理に付き合わなければいいと思うようになり距離を置いてました。不思議と距離を置くようになり、妹の接し方も以前に比べやさしくなり今では良い関係を保てるようになりました。

夫の義理親については、今ではほとんど会っていません。結婚当初色々あり・・・子ども達と夫は定期的に会いに行っていますが私は行ってません。このような状況を夫も夫の兄弟も承知してます。(それ程、色々ありました。)

もちろん緊急時に夫がいない時は対応しますし、何かあった時のお金も用意してます。

苦手な人との距離を取るのはコミュニケーション能力のある人だったら普通にしてることかもしれません。
私は昔から人見知りで人との関わった経験が少ないので人との距離の取り方がうまく取れないのだと思います。

以前はフェイスブックをしてましたが今ではやってませんしlineもしてません。コミュニケーション苦手の私にとっては悩みが増えそうでハードルが高いです。

社交的願望はある割には反対の事をしてるように思いますが、人との距離を自分の気持ちに沿っておくことは大切と感じてます。

以前より人に対しての不満も減りましたし、何かに悩んでイライラすることも減りました。居心地が悪いと思うことをなるべく避けることは、家族などにもやさしく接することができるようになり、結果、周りの為にもなるのではと思います。(笑)














にほんブログ村