子どもの成長がちょっと寂しい?

先日、中学生の長男が洋服を買いにイオンモールに一人で出かけたいと言ってきました。イオンモールまで車で行っても30分くらいかかるので送っていこうかと聞いたのですが初めはそれも一人で行くと言っていました。

結局、一緒に行くことになったのですが店内で別行動となりました。ちょうど一年くらい前?に洋服をイオンモールに一緒に長男の服を買いに来たことを思い出しました。この時は一緒に洋服を買いに行き一緒に選んだのに...そう思うと少し寂しくなりました。

一人で色々見てみたいからといっていましたがもう母親と一緒に行くのは嫌なんだと思います。夫や美容院の方(男性の美容師さん)にも中学生の男の子はそんなもんだし普通だよと言われましたが…

こういう時に普段気軽に話せるママ友がいないので他の中学生を持つお母さんの気持ちはどうなんだろうと思います。でも将来結婚したらお嫁さん中心になるでしょうし・・・

結局、普通に成長しているんでしょうが私が子離れできていないんだと思います。小学生まではお母さんお母さんで頼りにされていましたが今では必要事項のみ話してくる程度です。たまに機嫌がいいときに色々話してくれますが…

けど、買い物が終わって待ち合わせ場所で会った時に私が荷物を持っていたのですが息子自ら「俺が持つよ。」と言って持ってくれました。夫がいつも私の荷物を持っていくれるので自然にしてくれたんだと思いますが…この行動はちょっとうれしかったしそういう行動が自然に出来るのはすごいとも思いました。

結局、子どもが成長しているのに私の気持ちが追い付かない感じです。そのことを受け入れながら過ごしていくしかないかなと思います。




ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村

コミュニケーション障害と自覚する

今日は子どもの学校行事がありました。子どもは気が重い私とは違いウキウキしていました。最近は仕事でも人間関係において関係がうまく築けず私ってコミュニケ-ション障害なんだなーとしみじみ実感してきました。コミュニュケーションが取れなくて辛いのは、さらに人に誤解されやすいことです。ここ数カ月で仕事で思い知りました。

私の場合、苦手な人だとホントに内向的になるのですが最初から受け入れてくれそうな感じの人だとうまくコミュニケーションが取れ、さらに空気が読めないのでなおさら誤解されしまいます。

今までは少しでもコミュニュケーションが取れるよう心掛けてきましたが、最近は出来ないものは仕方がないと感じます。それよりも自分との時間を楽しもうと思います。今日も学校でママさんとある問題が生じました。原因は私で他のママさんにお願いしたことがあったのですが少し嫌な顔された様でした。

私がそう感じただけかもしれませんが、いつものことできっと私が空気を読めずに何か気に障ることをしたんだなと思いました。しかし、私もあからさまにひどいことを言ってはいないと思うので誤解されてももう仕方ないと思いました。

今まではこれから先深く交流したいなという思いが常にあり何か気まずいことがあると落ち込みました。しかし、、もう友達も作れないならそれも私と思い、いい意味では開き直りました。苦手な人ともなるべく距離を置いて無理せず必要最小限関わればいい。そういう風に考えたら、いつもより家に帰って来ても落ち込みもほとんどなく疲労感も少なく感じました。

今日も学校行事の前の午前中は部屋きれいにしたり好きなビデオを見て過ごしましたが、こうなったら?一人時間を楽しめるよう過ごしていきます。今週末は家のトイレのスリッパとか気になるものを探しに行こうと思います。

あと、バレンタインが近く、子どものいつも家に遊びに来るお友達に喜んで食べてくれると思うので、何か用意しようと考えてるのでその準備をしようと思います。といってももちろん?手作りでなく買ったものを袋に分けて入れるだけですが・・・




にほんブログ村

勇気を出してみた事

昨日仕事の帰りに他の部署のパートの方と会いました。以前に同僚の方が知り合いで3人で話したことはあるのですが・・・とても気さくな感じの方だったので話をしたいと思いおもいきって話しかけてみました。

駐車場まで少し距離があったのですが、他の部署の仕事内容を聞いたり・・・帰り際に「なんか話しかけてしまってすみません。どうもありがとうございました。」と別れようとしたのですが、子どもの話になり受験の話などについて数十分くらい立ち話をしてました。私の中ではちょっと顔見知りの方でしたが大袈裟に言えば心が通じた話ができたのがうれしく思いました。

今までなかなか自分から話しかけたりできませんでした。話しかけて気まずくなったら・・・と色々考えてまいましたが、自分が話したいと思ったら話していこうと思う今日の出来事でした。

また、うまくなじめないことやうまくなじめない人などで悩むことが多かったのですが、もっと外に目を向ければ色々な機会があり・・・自分が壁を自分で作っている部分もあるのかと感じました。世の中は思っているほど狭くはなく外に目を向ければ自分が心を開けば受け入れてくれるのではと思いました。




にほんブログ村

親としてうれしかったこと


私は子どもの頃、勉強は良くも悪くもなく普通でしたが、運動オンチで特に特技もなく内気でした。(内気なのは今もですが・・・)

それに加え、過保護に育ったので人に依存的であったので後ろむきで不平不満を抱きやすい性格でした。(今も基本はそうですが自覚している分前向きと思います 笑)

なので、人徳はなくどちらかといえばみんなに嫌われていると自覚を持っていた寂しい子ども時代でした。

自分の子どもには同じ思いをさせないように運動については小さいときにはスイミングや空手を習わせました。

性格はやりようがないですが、子どもが小学校に上がるまで私はフルタイムの共働きであったので二人とも8カ月ごろから保育園と両親にみてもらったので幸い?前向きで優しい性格に育ちました。(母親目線ですが・・・)

楽天的な夫は「素直で二人ともいい子じゃないか。何の不安もないよ。」と子ども達のことを普段言っています。しかし、出来ないことが多かった私は自分の子どもの期待も大きくなり子どもには厳しく接していると思います。

昨日長男が帰って来て「ちょっと自転車で友達の家に荷物をとどけていい?」と聞いてきました。話を聞くとお友達が具合が悪くなったが両親が共働きで迎えに来られず荷物を一緒に持って帰ってきたとのこと。

途中別れお友達はそのまま家に帰り、息子はお友達の荷物を待って帰って来て自転車でもってi行ってあげたいという事でした。すぐに届けに行きしばらくして息子が帰ってきました。話を聞くと家に荷物を届けた時にゴミ箱に吐いてしまい介抱していたそうです。

一人にでいるのが心配だった息子はすぐ連絡できるように電話番号を教えてきたそうです。

加え「ちゃんと吐いたものには触らなかったよ。テレビで見たことがあるから・・・」と話しちゃんと感染のことも意識していたようです。(嘔吐物にさわってもすぐ手洗いすればいいのですが・・・)

その一連の息子の行動を聞いて、普段はほわっとして色々と世話を焼いてしまうことが多い息子がなんだかすごいなと素直に誇らしげに思いました。

普段勉強や言われたことがちゃんとできているかと心配して息子に厳しく接してますが、人として大切なことをちゃんと知っているなと思い親としてうれしく感じました。

これからはもっと息子を信じ何があっても彼なら大丈夫と信じてあげたいと思った出来事でした。










にほんブログ村